見積段階での事前調査

遠方での見積依頼などで現地に行きにくい時などはグーグルアースやグーグルストリートビューなどで現地の感じを確認したりするのですが、実際に着手後に現地に行くと思ったより高低差があってビックリしたなんて事がしばしばありました。

最近では国土地理院の基盤地図(標高)などのデータも合わせて活用しています。

まずはグーグルアースなどで現場近くの特徴的な形状を確認します。

そして国土地理院のサイトから基盤地図(標高)データをダウンロードし、点群データを専用のソフト(トレンドポイント等)で読み込みます。

周囲全体の点群が展開されるので、特徴的な部分拡大します。

点群データの高低差を計測する事で現地の傾斜等が確認できます。

見積段階で、ここまで現地の状態が把握できるのは有難いですね!