ドローン(UAV)測量

当社ではドローンでの測量を行なっています。
ドローンでの測量のメリットは何と言っても広範囲の測量が短納期で低料金で出来る事です。
通常2か月程度かかる山林の測量が僅か2週間で完了し、費用も半分程度でできた事例もあります。

ドローンでの測量は主に2種類あり上空から連続写真を撮影し、その写真を専用のソフトで解析し点群化する方法とドローンにレーザースキャナーを搭載し直接地表面をスキャンする事で点群化する方法があります。

2つの方法は、それぞれメリット・デメリットがあるのですが、当社では現場毎に最善の方法でドローンを使った測量をご提案させて頂きます。

それらの点群データにより高密度クラウド、メッシュ、テクスチャー、タイルモデル、DEM、オルソモザイク等を構築生成します。

また、三次元データはさまざまな3Dデータとしてエキスポートできますので、御社指定のデータ形式で提供する事が出来ます。

また三次元ソフトをお持ちでない業者様にも専用のビューワーをお付けして納品させていただきますので、ご自身で高低差や道路幅等の解析を行って頂く事が可能です。

ビューワーで面積と体積を計測

ビューワーで道路幅員や高低差を計測

ビューワーで縦断面を表示

ビューワーで三角網を表示