不動産登記

不動産登記には土地の登記建物の登記があり、それぞれの登記には表題部に関する登記と権利に関する登記があります。
その中でも表題部に関する登記は土地家屋調査士のみが代理申請できる登記になります。
例えば、土地の表題部には所在、地番、地目、地積が表示され、登記された原因などからその土地の沿革を調査する事が出来ます。
また建物の表題部には所在、家屋番号、種類、構造、床面積が表示され登記の原因も記載されます。

これらの登記事項は不動産登記法で細かく規定されとおり専門性が高いので自分で行う事は難しいのです。
特に地積測量図や建物図面、各階平面図等は専門的な知識がないと作図は困難なものです。
是非、当事務所にお手伝いさせてください。