土地に関する登記


「土地合筆登記」
複数の筆の土地を一筆にする登記です。
所有者・地目・抵当権等の所有権以外の権利が同一でないと合筆登記ができません。
合筆後は新たに登記識別情報が発行されます。

「土地分筆登記」
一筆の土地を複数に分割する登記です。
宅地分譲の開発や相続等で分割する事があります

「土地地目変更登記」
土地の現況と使用目的が変わった時に行う登記です。
地目には、宅地、公衆用道路、田、畑など不動産登記規則により23種類に区分して定めるものとされています。
特に田や畑などの農地は、農地法の制限があるので地目変更登記を慎重に行う必要があります。