Drone surveying

/ 01 About

ドローン写真測量とは、測量対象の上空からドローンで地上・対象物を撮影し、そのデータをソフトで画像解析すると地上や対象物の形状を点郡化(計測された点の集まりで、それぞれが3次元座標を持つ)させることができる手法のことを言います。また、取得した点郡に世界測地系座標を紐付けることができるため、従来の人力での測量に比べ現場での作業時間が短縮されます。

-どんなことに利用できる?

1.広大地の測量・作図に適している

私たちフェイスフルは、土地家屋調査士事業を展開しており、土地や建物の測量・登記をサービスとしてご提供しております。その中で、広大地での測量において現況測量図の作成には膨大な工数を要するが、ドローン写真測量により作成された歪みのないオルソ画像を用いることで、短納期での作図が可能になります。

2.i-Constructionの工事測量に対応

近年、公共の土木工事においてi-Construction(アイコンストラクション)での対応が求められており、その工事測量としてドローン写真測量が活用されています。i-Construction(アイコンストラクション)対応での入札にすることにより、入札時の加点があるため入札業社様においても大きなメリットとなります。

3.崖や高低差がある危険地での測量も可能に

通常の測量は、対象物・対象空間にプリズムミラーを持った補助者が必要となるため、危険地での測量は現実的ではありません。反して、ドローン写真測量では、対象物の写真を撮影し、解析する形を取るため危険地での測量を可能にします。

/ 02 Equipment

私たちがドローン写真測量を行う際に使用する機材は、ドローン業界の最高峰にあるDJI社製PHANTOM4 RTKです。測量専用のドローンとして多くのメリットを持つこの機体を採用しているのが当社の強みにもなっています。

測量専用ドローン

この機体唯一の特性であるRTK・VRS測量を活用した正確性の高いデータ提供

メカニカルシャッター採用

取得した写真のブレが少ないため、より高精度の点群を測量

フライトプラン作成対応

測量範囲をプログラム飛行させることが可能なため、人為的な操縦ミスがない

/ 03 Works

私たちフェイスフルが実施した三次元測量の事例をご紹介しております。この他にも、様々な業務に活用できるのが、三次元測量の魅力であり、面白さでもあります。これから三次元データを利用して新しいことを始めたい方は、まずご相談ください。

-気軽にご相談できる体制づくり

三次元測量で実績のある当社へ

フェイスフルでは、実機を使ったシミュレーションをご体験いただくご提案も可能ですが、よりスムーズにお打ち合わせができるように建設事業者様・設計事務所様・その他建設業界関係業者様へ向けたZOOM/Skype/GoogleMeetによるオンライン相談を開催しております。

非接触型でウイルス感染の心配がない

遠方移動や移動時間を削減できる

オンラインなので、いつでもどこでも打ち合わせできる

-実際にご相談したい・費用を確認したい方へ

株式会社フェイスフル・フェイスフル登記測量では、土地家屋調査士事業・三次元測量事業のどちらも全国対応しております。
ご相談・業務のご依頼はお気軽にお問い合わせくださいませ。

平日9:00〜18:00[定休日:土日祝日]

土地家屋調査士×三次元測量でつくる新しいミライ

土地家屋調査士 仲田 隆司

[大阪土地家屋調査士会 大阪第2822号]

[民間紛争解決手続代理関係業務認定第112008号]

〒550-0011 
大阪府大阪市西区阿波座1-14-16 江野ビル302号

TEL. 06-6563-9945 FAX.06-6563-9946